コブダイ

山形県

更新

今回はモロトゲアカエビを紹介します。シマエビとも呼ばれる鮮やかな紅白の美しい模様と、名前の由来にもなっているとげが特徴です。

学名:Semicossyphus reticulatus 分類:条鰭綱/スズキ目/ベラ科
体長 最大1m/平均寿命 約20年

 

突き出したこぶ状のおでこと下顎

コブダイは、東北から九州にかけての日本海・太平洋の両岸、瀬戸内海などの岩がある沿岸に生息しています。小さな種類が多いベラの仲間では珍しく、大きく成長する魚です。山形県では離島の飛島で、特に大きく成長したコブダイがよく見られます。
成長した雄にはこぶ状に突き出したおでこと下顎があり、それが名前の由来となりました。雄は縄張りを持ち、縄張りに入ってくる他の雄を追い出します。縄張り争いでは口を大きく開けて、相手と威嚇し合うのです。日中は餌を探して活発に泳ぎ回り、夜は物陰でじっとしています。

 

強力な顎と硬い歯

コブダイは、サザエやカキなどの貝類の他、ウニやカニなども殻ごと砕いて食べてしまいます。それほど非常に強力な顎と硬い歯を持っているのです。喉の奥にも「咽頭歯」という歯があり、飲み込んだ物をさらにかみ砕きます。

 

子供のころから「こぶ」があるの?

コブダイが子供のころに「こぶ」は無い
「こぶ」が有るのは成魚の雄だけで、稚魚や幼魚、雌には「こぶ」が無いのじゃ。

幼魚は成魚と見た目が全く異なっておる。目から尾びれにかけての体側に白い線が入っているのじゃ。背びれ・尻びれには黒いぶちがあり、尾びれも黒いのじゃよ。

 

生まれた時はみんな雌?!

全ての稚魚が雌として生まれてくるコブダイ。成長し体長が50cmを超えると、雄へと性別が変わり「こぶ」が出てきます。
雄は縄張りに複数の雌を呼び寄せてハーレムを作ります。ハーレムの雄がいなくなると雌の中の1匹が雄に変化し、再びハーレムを作ることもあるのだそうです。

 

加茂水族館では、大きな雄のコブダイ1匹と小さなコブダイ3匹、合わせて4匹を飼育しています!

左の写真に写っている大きな雄のコブダイは、水槽の端っこに隠れていることもある恥ずかしがり屋さんです。しかし水槽の端に隠れようとしたときに他の魚がいると、つついて追い出すこともあります。コブダイ同士のような激しい争いはしません。

 

情報・画像提供
鶴岡市立加茂水族館/山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
https://kamo-kurage.jp
※2018年5月時点の情報です

一覧に戻る

オススメ情報